初代AppleWatchを修理に出したらseries1が返ってきた!!

1年半前ぐらいに買った初代AppleWatchが起動しなくなった。 いわゆる、りんごループというもので、何度もりんごマークが点滅する症状に陥った。
原因は何か不明だが、最近使っていなくて、久しぶりに起動したので、 AppleWatchのソフトウェアのバージョンだったのかもしれない。
以下自宅で試したこと。 ・クラウンボタン+電源ボタン10秒長押し ・iPhoneとのペアリング解除
上記で直らなかったので、appleのチャットサポートへ連絡を取ってみると、 上の2つの方法で直らないなら、チャットでどうしようもないので、 AppleWatchを送ってもらうしかないとのこと。
アップルケアという、保証サービスに加入していたので、 修理料金がかかるのか気になったので聞いてみたが、 「製品に外的要因による症状が見受けられなければ、アップルケア+の保証期間内にて無償での対応が可能」 とのこと、なので「外的要因ってなんですか?」って聞いたら 「水濡れや落としたことが原因による症状など」 って返ってきた。 放置したら壊れたので、今回は大丈夫だと思って「わかりました」って返したけど、 よく見て見たら「症状など」って言っているので、いくらでも後付けは可能な言葉を使っているのが解せない。 もっと明確な基準を設けてほしいなと思う。
そんなことを思いながら、近所のカメラ屋さんが修理を行っていたので、そこへ持ち込むことへ。 私も試したリカバリー方法を2つ試して、無理だと判断して、 工場へ送ることに。 だいたい10日ほどかかるとのこと。
そして待つこと3日。 早くも返ってきた。
預けた時は、本体のみ預けたので、簡素な包装で返ってくると思っていたが、 さすがappleでした。ちゃんとパッケージングされている。
そして開けてみると。
めっちゃ綺麗になってる。
これはもしやと思い、型を見ると、
初代AppleWatchがSeries1になってる!!
初代からSeries1だとCPUがシングルからデュアルに変更されているので、これはお得。 まぁ別に初代applewatchで処理の遅さを感じたことはないけど、やっぱり新しくなると嬉しいですよね。 appleの回し者みたいな締めになるけど、アップルケアは入っておいた方がお得ですね♪